商業捕鯨ができなくなってすでに20数年が経過しています。
ゆえに、クジラの肉は若い世代にとっては新しい食材として認識されています。
そこで全国のプロの料理人を志す料理学校の学生たちに、これまでのクジラ料理にとらわれないオリジナリティあふれるメニューを3年間にわたり提案してもらいました。
メニューは2009年第1回「くじら新メニューコンテスト」から2010年第2回、2012年第3回までの応募作品から、最終審査にノミネートされた全33作品を紹介しています。